オオスズメウリ

オオスズメウリ(ウリ科)[大雀瓜]

中国北部原産で雌雄異株のつる性多年草。スズメウリの名がついているがスズメウリとは別属。別名キバナカラスウリというがカラスウリとも別属。
薬草として栽培されたものが逸出したと考えられており、中部地方から北海道にかけての草地に帰化している。日本では雄株のみがあって雌株は確認されていないため、種子繁殖はできず、地下茎による栄養繁殖で殖えている。北海道では北大構内でのみ繁殖しているという。
全体が粗い毛で覆われていてざらつく。
茎はつるとなって、葉と対生して出る巻きひげで他のものに巻き付いて長さ2mほどに伸びる。巻きひげは分枝しない。
葉は互生し、長さ5-10cm、幅4-9cmの卵状心形で微鋸歯縁または全縁。葉柄は長さ2-6cm。
茎の上部の葉腋に1対の苞葉のある花序を出し、直径2-3cmの漏斗状鐘形で鮮黄色の花を1個つける(雄花)。花冠は5深裂し、裂片は狭楕円形で先はややとがる。
花期:8-9月
分布:帰化植物
撮影:2011.9.21 札幌市中央区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。