オオチドメ

オオチドメ(ウコギ科)[大血止]

チドメグサに似ていて大きいのでこの名がある。「血止」は葉を傷口に貼ると血が止まるということからついたもの。山地に多いのでヤマチドメともいう。旧分類体系ではセリ科だったが、APG体系ではチドメグサ属はウコギ科に含められた。
山野のやや湿った日当たりのよい草地や人里に生える多年草で、高さ5-20cmになる。
茎は細くて地面を長くはい、節から根を下ろすことで密生する。
葉は長さ1-8cmの長い柄があってまばらに互生し、直径1.5-3cmの腎円形で基部は深い心形でごく浅く5-7裂する。表面に強い光沢がある。葉柄の基部に膜質の托葉がある。
立ち上がった枝の上部の葉腋から葉より長い花柄を出し、球形の単散形花序を1個つける。花序には緑白色の目立たない花が10個ほどつく。花序が葉よりも高く突き出して伸びるのが特徴。花弁は5個で平開する。雄しべは5個、雌しべは1個。
果実は2分果に分かれ、やや扁平な球形で直径1.5mm。
よく似たノチドメは花序が葉の下までしか伸びない。
花期:6-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2017.7.6 横浜市戸塚区
オオチドメ-2
花は葉より高い位置で咲く。 2006.7.8 秋田県大館市

オオチドメの花序
花は緑白色で10個ほどが単散形花序につく。 2017.7.6 横浜市戸塚区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。