オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ(レンプクソウ科)[男ようぞめ]

ヨウゾメはガマズミのことで、果実が食用にならないので「男」が冠されたという。ヨウゾメの語源についてはヨツズミ(ガマズミの枝の先端がおおよそ4本ずつに分かれていることから。)が転訛したものとの説がある(「植物和名の語源探究」深津正)。 別名コネソ
山地の明るい樹林内や林縁に生える落葉低木で、よく分枝して茂り高さ1-3mになる。樹皮は灰褐色で若い枝は赤紫色で無毛。髄は白色。
葉は質が薄く対生し、長さ4-9cm、幅2-4cmの卵形~楕円状披針形で縁に粗い鋭鋸歯があり、基部は広いくさび形~円形で先は細長くとがる。平行するへこんだ側脈が目立つ。表面は濃緑色で無毛または主脈に沿って絹毛が散生し、裏面は帯白緑色で主脈に沿って長い絹毛がある。脈腋には星状毛が少しある。乾燥した葉は黒くなる。葉柄は長さ3-8mmで赤紫色を帯び、無毛または長毛が散生する。托葉はない。
短枝の先に1対の葉とともに直径4-6cmの垂れ下がった散房花序を出し、3-10個の淡紅色を帯びた白い花をまばらにつける。花序の柄は長さ2-3cmで長毛を散生する。花冠は直径6-9mmの広椀形で5中裂して斜開する。雄しべは5個で筒部の上部につき、花冠より短く、離生部は長さ0.5mm。子房は長さ1-1.2mmで無毛、花柱は花冠より短く、柱頭は紫黒色。萼片は5個で小さく、長さ0.4mmの3角形で赤みを帯びる。苞は長さ3-5mmの線形で赤紫色を帯びる。
果実は長さ7-8mmの楕円形~球形の核果で赤熟する。核は長さ5-7mmの広卵形で腹面に3個、背面に2個の溝がある。
なお、オトコヨウゾメの北限は宮城県とされているが、上の画像は青森県三沢市での撮影。植栽とは考えられない場所にあったもので、もしかすると鳥が種子を運んで育ったものかもしれない。
よく似たコバノガマズミは葉がやや小型で若枝に星状毛がある。花序は上を向き、雄しべは花冠より長い。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2004.5.24 青森県三沢市
オトコヨウゾメ-2
2004.5.9 仙台市太白区

オトコヨウゾメ-3
2013.5.12 仙台市太白区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。