オトメエンゴサク

オトメエンゴサク(ケシ科)[乙女延胡索]

名は、北海道に分布するエゾエンゴサクに比べて花付きが少なく丈も小さめで、優しい感じがすることからついたものだろうか。別名ホンシュウエンゴサクという。
従来北海道のものも本州のものも同じくエゾエンゴサクとされていたが、分類学的な検討が加えられ、従来エゾエンゴサクの学名に充てられていたCorydalis ambigua Cham. et Schltdl.に相当する植物は日本列島には分布せず、日本列島には異なる2種が分布するのだという。それによると、一つはCorydalis fukuharae Lidénと命名され本州中北部に分布(オトメエンゴサクと新称)し、また一つはCorydalis fumariifolia Maxim.の1亜種subsp. azurea Lidén et Zetterl.に相当するもので北海道に分布(エゾエンゴサクの名を踏襲)するものがそれに当たるものとされた(1997年)。
湿り気のある林内、林縁に生える多年草で、地下の直径1-2cmの球形~卵球形の塊茎から茎を出し、高さ10-25cmになる。
葉は互生し、軟らかく、1-2回3出複葉。小葉は長さ1-3cmで全縁~3裂、鈍頭~円頭。形は長楕円形、広線形など多様な変化がある。
茎頂の総状花序に淡青色~淡紫色の花を一方に偏って多数つける。苞は卵形でふつうは全縁。花冠は長さ約2cmの筒状。花弁は4個で上弁は下弁より長く、基部は円柱形の距となる。内側の2個は同形で先端で合着する。雄しべは2個
果実は長さ1.5-2.5cmの蒴果で熟すと2片に裂ける。種子は滑らかで光沢がある黒褐色。種子につく種沈はエライオソームで、アリによって散布されるのはほかのエンゴサクと同様。
よく似たヤマエンゴサクは、花のつけ根にある苞が切れ込むが、こちらは苞がふつう全縁。北海道のもの(エゾエンゴサク)は、花付きも多く大柄であるが、本種は花付きがやや少なめで、また少し赤みがさすものも多いのでヤマエンゴサクと間違えやすい。青森県には花が純白のシロバナオトメエンゴサクも多い。
花期:4-5月
分布:本(中部以北)
撮影:2002.4.7 青森県南郷村
オトメエンゴサク-2
花色の赤味が強いもの。 2010.5.15 岩手県二戸市

シロバナオトメエンゴサクに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。