オヤマボクチ

オヤマボクチ(キク科)[御山火口]

名は、この草が御山(山の尊称。あるいは茅を刈るための山のこと。)に生え、葉の綿毛を、火打石で出した火を移す火口(ほくち)として用いたことによる。
日当たりのよいやや乾いた草地に生える多年草。茎はクモ毛があって直立し、上部で枝を分け高さ1-1.5mになる。
葉は互生し、長さ15-35cmの卵形~卵状長楕円形で基部は心形、縁に欠刻状の歯牙があり、裏面や葉柄に白いクモ毛が密生する。根生葉は長い柄があって大きく、上部のものほど小さくなる。
枝先に全て両性の筒状花からなる暗紫色の頭花を1個ずつ斜め下向きにつける。頭花は直径3.5-5cm。筒状花の広筒部は狭筒部よりはるかに長い。雄しべを刺激すると花粉を吹き出す。総苞は鐘状球形でクモ毛が密生して総苞片が多列並び、外片は狭披針形で先はとがり反り返る。
果実はやや扁平な長さ6mm、幅2.5mmの長楕円形の痩果。冠毛は長さ2cmほどで基部で環状に合生する。
若い葉はヨモギの代用として、あるいはヨモギと混ぜて草餅に入れる。また葉の繊維をそばのつなぎに用いる。根はヤマゴボウとして食べる。
本州・四国・九州に生えるハバヤマボクチは、葉が矛形で基部は耳状に張り出す。筒状花の広筒部と狭筒部はほぼ同長。
花期:8-10月
分布:北(南西部)・本(近畿以北)・四
撮影:2004.9.26 岩手県種市町
オヤマボクチ-2
2005.10.16 宮城県鳴子町

オヤマソバに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。