ペラペラヨメナ

ペラペラヨメナ(キク科)[ぺらぺら嫁菜]

名は葉が薄く、ヨメナのような花をつけることからついたもの。 ヨメナの名がつくがヨメナの仲間のシオン属ではなく、ムカシヨモギ属。別名ペラペラヒメジョオンメキシコヒナギクという。
花卉としては源平小菊、無休菊、属名そのままのエリゲロンの名で流通している。
中央アメリカ原産で花卉として栽培され、野生化している多年草で、河川の護岸コンクリート壁や道端の石垣の隙間など乾いたところに根を下ろし、長さ20-50cmになる。1949年に京都大学で採集された。
根や株元は木質化する。茎は基部で分枝し、横にはって広がり先は斜上する。
葉は互生し先はとがり、質は薄い。下部の葉は有柄で長さ3-5cmの倒卵形~長楕円状披針形、3-5中裂し、数個の鋸歯がある。上部の葉は無柄で小さく、長楕円形で全縁。
長い花柄の先に直径1.5-2cmの頭花を1個つける。舌状花は1列で白色、筒状花は黄色。舌状花は開花後しだいに淡紅紫色に変化する。花期は長いが初夏~夏が最盛期。
果実は長さ1mmほどでやや扁平な円柱形の痩果。内外二重に白色の冠毛があり、内側は長さ2mm、外側は0.2-0.5mm。
花期:4-11月
分布:帰化植物
撮影:2015.11.22 京都市左京区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。