ランヨウアオイ

ランヨウアオイ(ウマノスズクサ科)[乱葉葵]

名は、葉の雲紋や白斑などの乱れ模様からついたという説がある。
丘陵地~山地の林内にはえる常緑の多年草。茎は地上をはい、葉痕が節くれ立ち、黒紫色を帯びて細い多肉根を地に下ろす。
カンアオイ属はフタバアオイ亜属(フタバアオイ節)とカンアオイ亜属(ウスバサイシン節とカンアオイ節)の2亜属3節に分けられ、神奈川県で見られるカンアオイ節は、本種のほかカンアオイ(カントウカンアオイ)タマノカンアオイ、オトメアオイ、ズソウカンアオイが見られる。
葉は長さ6-15cm、幅4-8cmの広卵形~卵状楕円形で全縁、先は鈍頭ときに鋭頭、基部は深い心形で、両側の側片は外側に耳状に張り出す傾向がある。質は薄く、表面に光沢があり、鮮緑色だが雲紋が入るものや脈に沿って白斑が入るものも多い。両面、特に脈上と縁に縮毛が生える。葉柄は長く、5-15cmある。
花は直径2-2.5cmで葉柄のつけ根の長さ1-2cmの花柄に1個つく。花弁はなく、萼は淡紫褐色~紫褐色で無毛、上半部を除いて合着して萼筒をつくる。萼筒は長さ幅とも約1cmの中部が膨れた太鼓形、淡緑白色で縦のくぼみが目立つ。内面には紫色の17-20本の縦の隆起線があり、格子状になる。萼筒の上部は僅かにくびれ、口部はやや小さく、つばや突起はない。萼裂片は3角状卵形で開出し、内面は無毛、先は内側にやや曲がる。雄しべは12個。花柱は6個、棍棒状で上端は浅く2裂し、裂片基部の外側に点状の柱頭がある。
果実は熟すと崩れる。種子は多肉の種沈がつき、この種沈は誘引物質を含むエライオソームでアリによって散布される。
花期:3-5月
分布:本(関東地方南西部・静岡県・山梨県)
撮影:2019.4.9 神奈川県伊勢原市
ランヨウアオイ-2
葉柄は5-15cmとかなり長い。 2019.4.9 神奈川県伊勢原市

ランヨウアオイの花
花は淡紫褐色で開口部につばや突起はない。 2019.4.9 神奈川県伊勢原市

ランヨウアオイの葉
葉の基部側片は耳状に張り出す傾向がある。 2019.4.9 神奈川県伊勢原市

ランヨウアオイの葉-2
脈に沿って白斑が入った葉。 2019.4.9 神奈川県伊勢原市

タマノカンアオイに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。