レモンエゴマ

レモンエゴマ(シソ科)[檸檬荏胡麻]

名は、エゴマに似て全草にレモンに似た香りがあることからついたもの。三浦半島では花が白に近いものが多く、初めはエゴマかと思ったが、葉をもんでみてレモンエゴマだと実感した。ただエゴマとレモンエゴマは交雑しやすいので外見での判断は難しい。
山野の半日陰に生える1年草で高さ20-70cmになる。茎は直立し、紫褐色を帯び短軟毛が密生する。
葉は紫褐色を帯びた長い柄があって対生し、長さ7-12cm、幅5-8cmの卵形~広卵形で基部は円形~広いくさび形、先はとがり、縁に鋸歯がある。質は薄く、脈上に軟毛があり、裏面に腺点があり、もむとレモンの香りがする。
花は枝先の長さ10-18cmの総状花序に横向きに咲き、苞は3角状卵形で花柄より短い。花冠は長さ4-5mmの唇形で淡紅色~白色、先は5裂し、下唇がやや長い。萼は鐘形で5歯があって長軟毛が生え、長さ3-4mm、果時には6-7mmの唇形となって上唇3裂、下唇2裂。雄しべは4個。
分果は扁球形で直径1.2-1.5mm、網目模様がある。
表面に粗い長毛があり、花序の細いものをトラノオジソというが、区別しない見解もある。エゴマは東南アジア原産で栽培、ときに野生化しており、花序に白い花が密につき、萼は果時に長さ1cmにもなり、分果も大きい。葉の匂いは不快で、レモンエゴマの匂いとは明らかに異なる。
花期:8-10月
分布:本・四・九
撮影:2017.9.29 神奈川県葉山町
レモンエゴマ-2
花冠は普通淡紫色だが、色が薄く白色に近いものも多い。 2017.9.29 神奈川県葉山町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。