ルリソウ

ルリソウ(ムラサキ科)[瑠璃草]

目の覚めるようなルリ色の花をつけることからこの名がある。ルリ色とはやや紫を帯びた明るい青のことをいう。
山野の林内に生える多年草で、茎は直立し高さ20-40cmになる。茎には開出した細毛が多い。
葉は互生し、下部の茎葉は少数あって根生葉よりも大きくなり、長さ6-12cm、幅2-4cmの倒披針形で細毛が生える。
茎頂に通常二叉に分かれた総状花序をつけ、咲き始めは淡紅紫色、のちに青紫色となる直径1-1.5cmの花をまばらにつける。花序の基部には苞があり、小花柄は長さ1-1.5cm。萼は5裂し、花後に5-8mmに伸びる。花冠は開花前は紫色で瓦重ね状に畳まれ、開花すると青紫色になり、車形で5裂して裂片喉部に白色で2分岐した付属体(副花冠?)が杯状に突き出る。雄しべは5個で花筒内につき、外に出ない。
果実は4分果となり、分果は円形で中央がへこみ、縁に刺状の突起が並ぶ。
まれに白色の花をつける品種があり、シロバナルリソウという。
よく似て、分果に刺状の突起がないものをエチゴルリソウといい、福井県と新潟県に分布する。ヤマルリソウは花茎が地をはうことが大きな違いで、花序は分岐せず花の色も淡いものが多い。根生葉は茎葉より大きい。オオルリソウやオニルリソウは名前が似ているが別属で、花の直径は3-4mmと小さく、分果の全面にかぎ状の刺がある。
花期:4-6月
分布:本(中部地方以北)
撮影:2009.5.10 秋田県南部
ルリソウ-2
2009.5.10 秋田県南部

ヤマルリソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。