サギソウ

サギソウ(ラン科)[鷺草]

名は、花が白鷺が舞う姿に似ていることからついたもの。
低地の湿地に生え、高さ20-50cmになる多年草。密生せず、まばらに生える。美しいのでよく栽培されるが、長年の採取、湿地の埋め立てにより自然で見ることはまれになった。準絶滅危惧(NT)。
葉は互生し、広線形で基部は茎を抱く。花は白色で直径3cmほどで、距は長さ3-4cm。
撮影地はおそらくサギソウの北限の生育地であり、道路にほど近い湿地にあるので厳重な保護対策が必要だろう。
花期:7-8月
分布:本・四・九
撮影:2006.8.20 秋田県
サギソウ2
2009.8.1 秋田県

トキソウに戻る
 タカネサギソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。