サクラスミレ

サクラスミレ(スミレ科)[桜菫]

花弁の先がへこんで桜の花弁に似ているというのでこの名があるが、へこんでいないものも多い。山地の日当たりのよい林内や草地に生え、葉は3角状長卵形で長い柄がある。花の大きさは2.5cmもあり、スミレでは最大級。花の色や花弁の幅は変化が大きい。その大きさと美しさから「スミレの女王」とよばれている。
花期:4-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.6.5 岩手県玉山村
サクラスミレ2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。