サネカズラ

サネカズラ(マツブサ科)[実葛・真葛]

名は、果実がよく目立ち、つる性であることからついたもの。サナカズラともいい、サナカズラの名は滑り葛の意といわれる。茎を一晩水に浸すか煮出してできる粘汁を整髪に用いたことからビナンカズラ(美男葛)の別名もある。
山地や丘陵に生えるつる性の常緑木本で、低木や小高木に絡んではい登る。庭木として植栽もされる。
つるは太くなると樹皮が厚いコルク質になる。
葉は互生し、長さ5-12cm、幅3-5cmの長楕円形~長卵形で質は厚く光沢があり、縁に低い鋸歯がまばらにある。先は鋭くとがり基部は円形。両面とも無毛で表面は濃緑色、裏面は淡緑色でしばしば紫色を帯びる。葉柄は1-3cm。
葉腋に直径1.5-2cmの花が1個ずつ垂れ下がって咲く。花弁状の花被片は淡黄色で大小合わせて8-17個。雄花は紅赤色の雄しべが球状に集まり目立つが、雌花は淡緑色の雌しべ多数が球状をなす。雌雄異株または雌雄同株でまれに両性花もつく。上の画像は雄花。
果実は雌花の花床が球状に膨らんで液果が集まった直径2-3cmの集合果となり、10-12月に赤く熟す。1個の液果に種子は2-5個入っており、長さ5mmの腎形。
花期:8-9月
分布:本(東北南部以西)・四・九・沖
撮影:2016.9.6 神奈川県横須賀市
サネカズラの果実(集合果)
サネカズラの果実 2015.11.22 京都市左京区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。