サンショウ

サンショウ(ミカン科)[山椒]

丘陵地や低い山地に生える雌雄異株の落葉低木で、高さ1-5mになる。樹皮にはいぼ状の突起がある。枝や葉柄の基部に対生する刺がある。葉は互生し、5-9対の小葉からなる奇数羽状複葉。若葉、花、果実は食用、香辛料や薬用として利用され、材はすりこぎとしても使われている。別名ハジカミという。よく似たイヌザンショウは香りが悪く、刺は互生する。
花期:4-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.5.21 秋田市
サンショウの果実
サンショウの果実。裂開して中の黒い種子が出ている。
2005.9.24 岩手県山形村

サンショウモに戻る イヌザンショウに戻る ミズキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。