サルナシ

サルナシ(マタタビ科)[猿梨]

名は、果実をサルが食べるナシにたとえたもの。果実をサルが好んで食べるからとも。別名シラクチヅルコクワという。私の故郷ではコガとよんでいる。
丘陵地~山地の林縁や明るい谷沿いに生えるつる性の落葉木本。つるは褐色で太さ10cm、長さ10-20mにもなり、いぼ状の葉痕があって右巻き(上から見て反時計回りに巻き上がる)で高木にも登る。雌雄異株または雌雄同株。
葉は互生し、長さ7-13cm、幅4-7cmの楕円形~広卵形で縁に刺状の鋸歯があり、基部は円形~浅く湾入し先はとがる。質が厚く表面は緑色で光沢があり、裏面は淡緑色で脈上に硬い毛がある。葉柄は長さ2-8cmで赤みを帯び、硬い毛と軟毛がある。
本年枝の葉腋に直径1.5-2.5cmの白い花が下向きに咲く。花弁と萼片は5個、葯は黒紫色。雄花は集散花序に3-7個ついて多数の雄しべと退化した1個の雌しべがある。両性花は1個ずつつき、1個の雌しべがあって花柱は線状で多数が放射状に開出する。不稔の花粉を出す雄しべが多数あり、両性花といっても実質的には雌花で、雄しべはマルハナバチの訪花率を上げる役目を果たしている。
果実は長さ2-2.5cmの広楕円形~球形の液果で、先はとがらず汚れた緑色に熟す。完熟すると表面に多数のしわができる。種子は長さ2mmほどで多数。甘いので生食のほか、果実酒にする。
つるは丈夫で腐りにくいので縄の代わりに使われる。「祖谷のかずら橋」はサルナシのつるで作られている。筏を組むときにも使われる。
キウイフルーツは中国原産のオニマタタビをニュージーランドで改良したもの。
関東以西に分布するウラジロマタタビは葉の裏面は粉白色を帯び、脈腋以外は無毛、花序と萼も無毛。紀伊半島以西に分布するシマサルナシは花序と子房に褐色の毛が密生する。
マタタビは花期に枝先の葉が白くなる。
花期:5-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2017.5.22 横浜市栄区
サルナシ(雄花)
雄花。黒紫色の葯が目立つ。 2017.6.2 横浜市栄区

サルナシ(両性花)
両性花。放射状に広がった花柱がある。 2017.6.2 横浜市栄区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。