ササバギンラン

ササバギンラン(ラン科)[笹葉銀蘭]

名はギンランに似ているが、葉が長く笹の葉を思わせることによる。
山野の林内に生える多年草で、ギンランより大きく、茎は直立し高さ30-50cmになる。
葉は6-8個が互生し長さ7-15cm、幅1.5-3cmの長楕円状披針形で先は鋭くとがり、基部は茎を抱く。脈はしわ状に隆起する。裏面と縁に白色の短毛状突起がある。
茎にも同様の突起があり、茎の先の総状花序に白色の花を5-10個つける。花の下にある苞は線形で葉状、下部の1-2個が特に長く、花序と同長かより長くなる。
花はギンランよりやや大きく、長さ1-1.5cmで上向きについて半開する。萼片は長さ1.1-1.2cmの披針形で鋭くとがる。側花弁は萼片より短く、幅が広い。唇弁の基部は筒状の距となり、下方に短く突出する。舷部は3裂し、中裂片は心形で先が急にとがり、中央内面に淡黄褐色の隆起線があり、側裂片は内巻して蕊柱を包む。蕊柱は唇弁と同長で先端に半球形の葯があり、葯室は2個、花粉塊は粉質。果実は蒴果で直立する。
ニシダケササバギンランは、花が汚黄褐色のもので八ヶ岳で見つかったもの。
ギンランは苞が短く花序より上に伸びず、茎や葉は無毛。
花期:4-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.1 埼玉県吉見町
ササバギンラン-2
2009.6.7 青森県六ヶ所村

ギンランに戻る クゲヌマランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。