ササバギンラン

ササバギンラン(ラン科)[笹葉銀蘭]

名はギンランに似て葉が長く笹の葉を思わせることによる。山野の林内に生える多年草。高さ20-50cmで、葉は6-8個が互生し長さ10-15cmとなる。花の下にある苞(葉のように見える)が花序よりも高くなること、葉の裏面や縁、茎の稜上に毛があることでギンランと区別する。本種はしばしば見かけるが、ギンランは数が少ない。
花期:4-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.1 埼玉県吉見町

ギンランに戻る クゲヌマランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。