サワシバ

サワシバ(カバノキ科)[沢柴]

名は沢に多く生え、柴と同様に薪になることからついたもの。別名サワシデという。
山地の沢沿いなど湿ったところに生える雌雄同株の落葉高木で、高さ7-15mになる。樹皮は淡緑灰褐色で若木は平滑、老木になると縦長の菱形に浅く裂ける。
葉は互生し、長さ6-15cm、幅4-7cmの広卵形で先端は急に鋭くとがり、基部は深い心形になる。側脈は15-24対あって裏面に突出し、主脈から直線的に伸びる。縁には不揃いの細かい重鋸歯がある。裏面脈上に長い絹毛がある。葉柄は長さ1-2.5cmで軟毛がある。
新葉の展開と同時に開花し、雄花序は黄緑色で長さ約5cm、前年枝から垂れ下がる。雄花は苞の下に1個ずつつく。苞は卵状楕円形で縁に長毛がある。雄しべは4-8個。雌花序は長さ約2cmで本年枝の先端や短枝の腋から垂れ下がる。雌花は苞の内側に2個ずつつく。苞は卵状披針形で縁に長毛がある。雌花の基部に小苞がある。小苞は花後に大きくなり、葉状の果苞になる。
果実は堅果で8-10月に熟す。果穂は長さ4-15cm、幅2-4cmの狭長楕円形で葉状の果苞が密生し、落葉後も枝に残る。果苞は長さ1.8-2.5cmで縁に不揃いな鋭い鋸歯があり、基部に堅果を1個抱く。堅果は長さ約5mmの扁平な卵状楕円形で、表面に10-12個の縦筋がある。
葉の裏面に短毛が多いものをビロードサワシバといい、中部地方以北に生える。
よく似たクマシデは葉が長楕円形で側脈は20-24対あり、葉の基部のくぼみが目立たない。
花期:4-5月
分布:北・本・四・九
撮影:1998.4.23 青森県新郷村
サワシバの果穂
サワシバの若い果穂。葉状の果苞が密につく。 2005.7.2 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。