セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ(キク科)[背高泡立草]

北アメリカ原産の多年生の帰化植物で、明治時代に観賞用に移入されたものが、戦後になって河川敷や空き地を舞台として西から東へ急速に広がった。花の少ない晩秋に咲くので、養蜂業者が全国に広めたのではないかともいわれる。別名セイタカアキノキリンソウという。北九州では閉山した炭鉱跡にはびこり閉山草とも、ベトナム戦争のころに殖えたのでベトナム草ともいわれた。
茎は円柱形で紫褐色を帯び、高さは0.5-2.5m、地下茎と種子で猛烈な勢いで殖える。地下茎は地中を広く横走し、茎や葉に硬い短毛があってざらつく。
葉は茎に多数が密に互生し、長さ6-12cm、幅1-2cmの披針形で縁に低い鋸歯があるかまたは全縁、3脈が目立ち、先はとがる。縁は下面に向かって反り、両面に短毛がある。
小さい頭花を多数総状につけた枝が開出し、全体で長さ15-50cmの大きな円錐花序をつくる。花序の形はヒマラヤシーダーによく似ている。頭花は直径3-6mmで花柄の枝の上面に偏ってつく。縁の舌状花冠は10個ほどあり、舌状部は長さ3-4mmで雌性。花柱は先が2裂して裂片は糸状。中の筒状花冠は両性で花柱の裂片は長楕円形で扁平。舌状花・筒状花とも結実する。総苞は長さ3-5mmの円筒形で総苞片は線形で3-4列。
果実は細毛があり、長さ1mmの円柱形の痩果で稜がある。冠毛は汚白色で長さ3-3.5mm。
他の植物の生育をコントロールする作用(他感作用=アレロパシー)を持ち、それが繁殖に有利に働く。一時は花粉症の元凶といわれたが、虫媒花であることがわかり、現在では疑いが晴れている。
オオアワダチソウは似ているが、花期が重ならず、茎が無毛なので間違うことはない。
花期:10-11月
分布:帰化植物
撮影:2002.10.20 青森県八戸市
セイタカアワダチソウ-2
頭花は思いの外美しい。舌状花は細い。
2016.10.20 神奈川県三浦市

オオアワダチソウに戻る アキノキリンソウに戻る オオハンゴンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。