セイヨウミヤコグサ

セイヨウミヤコグサ(マメ科)[西洋都草]

バーズフットトレフォイルの名で牧草や法面緑化用として栽培され、野生化しているユーラシア・アフリカ原産の帰化植物で、海岸から山地までの草地や砂礫地に生える多年草。
最初の記録と和名は1965年だというが、すでに1946年に青森県で採集された標本が東京大学に残っている。
長い直根がある。茎は中実で地をはうか、斜めに立ち上がり長さ10-40cmになる。茎や葉に白い軟毛があり、のちに無毛となる。
葉は3小葉からなる複葉で、小葉は長さ0.5-2cm、幅0.3-1cmの卵形~倒卵形で有毛。基部の1対の托葉の大きさや形は小葉と同じで小葉と併せて5小葉に見える。
葉腋から長い花茎を出し、長さ1-1.6cmの黄色の蝶形花を散形状に3-7個つける。花序の基部に3個の総苞がある。萼は長さ5-8mmで先は5裂し、裂片は萼筒と同長またはそれより短く、まばらな軟毛がある。花弁は5個がほぼ同長で雄しべは2体。
果実は長さ2-3.5cmの線形の豆果で、熟すと2片に裂開してらせん形にねじれ、種子を飛ばす。種子は褐色で20個ほどあり、長さ1.5mmの楕円形。
在来のミヤコグサによく似ているが、ミヤコグサは花は1花序に普通2個つき、萼裂片は普通萼筒より長く、全体に無毛で丈も低い。
ワタリミヤコグサは帰化種で小葉が細く線形。ネビキミヤコグサも帰化種で地下に細い走出枝を出し、茎は中空で長さ0.3-1.2mになる。
花期:4-8月
分布:帰化植物
撮影:2004.8.1 岩手県山形村

ミヤコグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。