セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウ(キク科)[西洋鋸草]

園芸植物として導入され野に広がったヨーロッパ原産の多年草で、特に北日本に多い。高さ0.3-1mになり、ノコギリソウに似ているが、葉が2-3回羽状に深~全裂し、裂片が細かいこと、頭花がきわめて多数つくことから、慣れると見た感じで区別できるようになる。舌状花が淡紅色のものも見られる。
花期:7-9月
分布:帰化植物
撮影:2004.9.25 岩手県種市町

ノコギリソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。