セキショウ

セキショウ(ショウブ科)[石菖]

漢名は「菖蒲」で、同属のショウブにこの字を充てるのは誤用。名は岩について生え、ショウブに似ていることからついたものという。
平地~山地の田のあぜや沢の縁などに群生する常緑の多年草。エングラー体系ではショウブ属はサトイモ科とされていたが、APGⅢでは1属だけでショウブ科として独立した。
根茎が発達し、太くよく枝分かれする。葉は根茎から袴状に2列に互生する。濃緑色長さ20-50cm、幅0.5-1の剣状線形で中肋は目立たない。葉は弧を描いて垂れる。
花茎は根生し、高さ10-30cmの扁平な3稜形で1個の円柱形の肉穂花序をつけ、葉状の苞を1個つける。苞は長さ7-20cm、幅2-5mm。花序は細い棒状で花時に長さ5-10cmでやや直立し、多数の花を密につける。花は両性花で花被片は淡黄緑色、広倒卵形で3個ずつ2輪に並ぶ。雄しべは6個で花糸は扁平、長く伸びて1.3-1.5mm、明らかに露出する。雌しべは6角形で1個、子房は3室。
果実は緑色で長さ2.5-3mmの倒卵円形の液果で、成熟すると乾燥して蒴果状になり、4-6個の種子がある。種子は長さ2.5mmの長楕円形、上部の珠孔の周りに白色の長い軟毛をつけ、大型の胚がある。
根茎は太く、よく根を張るので田のあぜの土留めに使われた。根茎を乾燥したものが生薬の石菖で、健胃、鎮痛に用いる。
全体に小型で花序や葉が短い園芸品種が多くあるが、これらは中国原産の別種。
同属のショウブはセキショウより大型で、葉に明らかな中肋があり、花序の直径は0.6-1cmと太い。
花期:3-5月
分布:本(関東以西)・四・九
撮影:2017.4.13 神奈川県逗子市
セキショウ-2
2017.4.4 横浜市戸塚区

ニワゼキショウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。