セキヤノアキチョウジ

セキヤノアキチョウジ(シソ科)[関屋の秋丁子]

名の「関屋」は関守が住む建物または関所そのものを指し、箱根に縁のあるこの語を使って箱根産の標本に対して命名されたことを示す。ほかにこの語を冠するものにセキヤノヒキオコシがある。「秋」はもとより秋咲きの意。「丁子」はフトモモ科の常緑樹であるチョウジノキのことで、花の蕾を乾燥したものを丁香といって香料や薬にする。現在ではクローブといわれているもので、花が胴長でよく似ていることからチョウジに見立てたもの。花が「丁字」形をしているからという説もあるが、そう名付けるほどにはその形に見えない。
山地の沢沿いの林縁や道端などに生え、高さ30-90cmになる多年草。
茎は4稜形で稜に下向きの細毛がある。
葉は対生し短い柄があり、長さ5-15cm、幅2-5cmの長楕円状披針形で縁の低い鋸歯があって先は鋭くとがり、基部はくさび形。裏面に腺点と細毛がある。
枝先や上部の葉腋から幅の広い長さ10-20cmの円錐花序を出し、長さ1-2.5cmの花柄の先に長さ2cmほどの細長い唇形花を下向きに多数つける。花柄は無毛、花冠は青紫色で長さ71.7-2cm。萼の上唇は3裂、下唇は舟形。上唇の裂片は披針形で細くとがる。
長野県以西に生えるアキチョウジは花序の幅が狭く、花柄は長さ1cmに満たず細毛が生える。萼の上唇の裂片はとがらない。
花期:9-10月
分布:本(関東・中部)
撮影:2010.10.16 東京都青梅市
セキヤノアキチョウジ-2
花柄は無毛で長い。

チョウジコメツツジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。