シデシャジン

シデシャジン(キキョウ科)[四手沙参]

名は、切れ込んだ花弁を神官が持つ四手に見立てたもの。山地の林縁などに生える多年草で、茎は粗毛を散生し、高さ0.5-1mになる。葉は互生し、長卵形で縁に不規則な鋸歯がある。茎頂と上部の葉腋から総状花序を出し、青紫色の花をつけ、花冠は基部まで5裂し、裂片は線形で反り返る。萼裂片も線形。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2003.8.31 岩手県一戸町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。