シモツケ

シモツケ(バラ科)[下野]

日当たりのよい草地や礫地に生える落葉低木で、高さ0.3-1mになる。新枝の先に淡紅色の花を多数つける。葉は狭卵形~広卵形。雄しべは花弁より長い。美しいので庭でよく栽培され、生け花の材料としてよく使われるシモツケソウと似ているが、シモツケソウは草本で、葉は羽状複葉なので区別は容易。別名キシモツケという。
花期:5-8月
分布:本・四・九
撮影:2006.7.23 岩手県久慈市

シモツケソウに戻る マルバシモツケに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。