シナガワハギ

シナガワハギ(マメ科)[品川萩]

名は、東京都の品川付近で見つかったことによる。
元から自生していたとも、東アジア原産の帰化植物で江戸時代末期にすでに入っていたともいわれている1~2年草で、海岸や造成地などでよく見られる。初め毛があるが後に全体ほぼ無毛となり、茎は直立してよく分枝し、高さ0.5-1.5mになる。
葉は3小葉からなる複葉で、小葉は青味のある緑色、長さ1.5-3cm、幅0.3-1cmのくさび状狭長楕円形で円頭、縁に浅い鋸歯がある。小葉柄は側小葉のものはごく短く、頂小葉のものは2-4mm。托葉は長さ2-5mmの糸状で1脈があり葉柄に合着する。葉にクマリンが含まれているので、乾燥させると甘い香りがする。
葉腋から出る長さ0.5-4cmの花柄の先に3-5cmの総状花序を出し、淡黄色で長さ4-7mmの蝶形花を多数つける。小花柄は長さ1-2mm。苞は小さく、小苞はない。花は蜂蜜の蜜源となる。萼は長さ1.5-2.5mmの鐘形で無毛または微毛があり、先は不同に5裂し裂片は狭3角形でとがる。旗弁は翼弁より僅かに長い。
果実は長さ2-4mm、幅2mm、厚さ1mmの先のとがった広楕円形の豆果で、表面は無毛で不規則な凹凸があり、中に1-2種子を入れる。裂開しない。種子は帯褐色。
よく似たもので花の白いものをシロバナシナガワハギという。中央アジア原産でシナガワハギよりも普通に見られる。コシナガワハギは花は小さく、長さ2-3mm。托葉は基部で2mmほどと広く、海岸や道端に帰化している。
花期:5-12月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.9 秋田県男鹿市
シナガワハギ-2
2016.6.10 神奈川県横須賀市

シロバナシナガワハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。