シオガマギク

シオガマギク(ハマウツボ科)[塩竈菊]

山地の日当たりのよい草原に生える半寄生の多年草で、高さ30-60cmになる。葉は3角状広披針形で茎の下部で対生し、上部で互生する。縁に重鋸歯がある。花は紅紫色のねじれた唇形花で、茎の頂と茎の上部の葉腋に点々と横向きにつく。変種のトモエシオガマは、茎頂だけに花をつる。
花期:8-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.9.13 青森県横浜町

コシオガマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。