シラネセンキュウ

シラネセンキュウ(セリ科)[白根川芎]

山地の林縁や渓流沿いなど、日陰のやや湿ったところに生える多年草。
茎は中空で直立し、高さ0.8-1.5mになる。別名スズカゼリという。
葉は3-4回3出羽状複葉で小葉は鋭い鋸歯がある。大散形花序は15-30個の小散形花序からなり、1つの小散形花序は40-50個の白い小花からなる。
花期:9-11月
分布:本・四・九
撮影:2010.10.16 東京都青梅市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。