シロホトトギス

シロホトトギス(ユリ科)[白杜鵑草]

ホトトギスの品種で、紫色の斑紋を欠くものをいう。
シロバナホトトギスとよばれるものは、ヤマジノホトトギスの白花品種を指す。
山地の湿った半日陰などに生える多年草で、茎は普通、分枝せず長さ0.4-1mになる。茎には褐色で上向きの毛が密生する。
葉は互生して茎の左右に並び、長さ10-20cm、幅3-5cmの長楕円状披針形で先はしだいにとがり、基部は茎を抱く。両面に軟毛がある。
花は直径2-3cmの漏斗状鐘形で、茎頂と葉腋ごとに1-3個つき上向きに咲く。茎の先端から咲き始める。
花被片は6個で斜開し長さ2.5-2.7cm、白色で基部には黄色の斑紋がある。3個の外花被片は倒披針形で3個の内花被片より広く、基部が球状に膨らみ腺毛が生える。雄しべは6個で子房を囲んで直立し、上部で平開して白色の葯を丁字形につける。花糸は無毛。花柱の柱頭は3裂して平開しさらに2裂して多数の腺毛状の球状突起がある。花糸や花柱も白色。
花期:9-10月
分布:本(関東以西)・四・九
撮影:2016.10.21 横浜市戸塚区

ホトトギスに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。