シロバナニガナ

シロバナニガナ(キク科)[白花苦菜]

位置付けとしては絶滅危惧Ⅱ類(VU)であるイソニガナの変種とされる。
全体にニガナより大きく、上部で分枝して高さ40-70cmになる多年草。茎や葉を切ると苦みのある汁が出る。
根生葉は長い柄があり、長さ8-15cm、幅1-3cmのへら形で羽状に裂けることが多い。先はとがり基部は耳状になり茎を抱く。
花は直径1.5-2cmで舌状花は白色。ニガナの5個に比べ8-11個と数が多い。
舌状花が黄色の品種をハナニガナという。ハナニガナのほうが圧倒的に見る機会は多い。
紛らわしいものにシロニガナとよばれるものがあるが、これはニガナの白花品で舌状花は5個。YListではニガナと区別していない。
同じ白花で似た感じのものにタカサゴソウがあるが、こちらは高さは30cmほどで小さく、舌状花が多く舌状花に淡い紫色の縁取りがある。
なお、以前はクモマニガナの白花品種として「シロバナクモマニガナ」を掲載していたが、YListではシロバナクモマニガナをシロバナニガナの別名としていることから、それに準拠して削除した。
花期:5-8月
分布:日本全土
撮影:2001.7.8 青森市
シロバナニガナ-2
以前シロバナクモマニガナとして掲載していたもの。
1999.7.23 長野県小谷村

シロバナニガナ-3
丈が低く高山植物の風格を有するもの。 2009.8.2 岩手県一関市

ハナニガナに戻る ニガナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。