シロバナサクラタデ

シロバナサクラタデ(タデ科)[白花桜蓼]

湿地に生える雌雄異株の多年草で高さ0.5-1mになり、長い地下茎があって群生する。
葉は互生して短い柄があり、質はやや厚くて硬く光沢があり、長さ7-16cm、幅1-2cmの披針形で先はとがり基部はくさび形。脈上や縁に伏毛が生える。托葉鞘は長さ1-2.5cmの長い筒形で上縁に長さ1cmほどの毛がある。
茎の上部で花序がよく枝分かれし、花序は長さ7-8cmのひも状で垂れ下がり、花被(萼)は5裂し白色で直径3-4mmの花弁状で腺点はない。雄しべは8個、花柱は3個ときに2個。雄花は雄しべが花柱より長く、雌花は花柱が雄しべより長い。
果実は黒色で長さ2-2.5mmの3稜形またはレンズ形の痩果で光沢がある。
サクラタデはよく似ているが、花被が淡紅色で腺点があり、花序が枝分かれしない。
花期:8-11月
分布:日本全土
撮影:2002.9.2 青森県木造町
シロバナサクラタデ-2
雄花。雄しべが長く目立つ。2016.9.6 神奈川県横須賀市

シロバナサクラタデ-3
雌花。雌しべが雄しべより長い。 2016.10.11 神奈川県三浦市

シロバナサクラタデ-4
托葉鞘は長い毛が上向きに生えている。
2016.10.7 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。