シシウド

シシウド(セリ科)[猪独活]

名は、形がウコギ科のウドに似ているが硬くて食用にならず、せいぜいイノシシが食べるものと見てついたもの。またはウドに似て勇壮なことからとも。なお、「独活」は中国ではウドとは別の植物を指し、日本でウドにこの文字を充てたのは誤用で、それをそのままシシウドにも使っている。
丘陵~山地のやや湿った日当たりのよい斜面などに生え、高さ1-2mになる大型の多年草で一稔生。夏の高原を飾る主要な花だが低地でも見られる。茎は中空で直立し、上部で枝を分け、茎や葉に細毛を密生する。
葉は互生し、根生葉と下部の葉は長い柄があり、2-3回3出羽状複葉で、小葉は長さ5-10cmの長楕円形で鋸歯があり、頂小葉の基部は羽軸に流れる。葉柄の基部は鞘状に膨らんで茎を包む。小枝の先では若い花序を包む。
枝先に大きな複散形花序をつけ、10-60本の大散形花序を放射状に長く張り出し、その先に25-40本の小散形花序を球状に出し、直径4mmほどの白緑色の花を多数つける。花弁は5個で内側に曲がる。花序の中心も外側も花の形は変わらない。総苞片と小総苞片はない。
果実は2個の分果からなり、分果は長さ0.6-1cmの扁平な広楕円形で紫色、両側に広い翼がある。
根を乾燥させたものを独活(どっかつ)といい、煎汁を発汗、解熱薬として用いる。またリュウマチや神経痛に浴湯料として用いる。
ミヤマシシウドは亜高山帯に生え、全体に毛が少なく、葉も小葉も広くやや光沢がある。エゾノシシウドは海岸に生え、葉に光沢がある。関東以西では大型のセリ科植物にハナウドも生えるが、花期は5-6月なので間違うことはない。
花期:8-10月
分布:本・四・九
撮影:2017.8.3 横浜市青葉区
シシウド-2
若い花序も膨らんだ鞘に包まれる。 2014.7.28 滋賀県米原市

シシウド-3
葉柄の基部は舟形に膨らんで茎を包む。 2017.8.3 横浜市青葉区

シシウド-4
葉は2-3回3出複葉で鋸歯がある。 2017.8.3 横浜市青葉区

エゾノシシウドに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。