スベリヒユ

スベリヒユ(スベリヒユ科)[滑莧]

名は、ゆでて食べるとぬるぬるすることからついたもの。道端や畑の日当たりのよいところに普通に生える多肉質の1年草。茎は赤紫色で、地をはい分枝して広がる。葉は無柄の多肉質で倒卵状楕円形。花は直径6-8mmの5弁花で、枝先の葉腋に数個つき、日が当たると開き、暗くなると閉じる一日花。雄しべは刺激を与えるとその方向に曲がる。果実は蓋果で、熟すと上半分が帽子のようにはずれる。
花期:7-9月
分布:日本全土
撮影:2004.8.29 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。