スギ

スギ(ヒノキ科)[杉]

名の由来は、幹が直立することから直木(すき)が変化したものという。異説として上に伸び進むので進木(すすき)の意とするものなど諸説ある。古名をマキという。かつてはスギ科であったが、APGではヒノキ科とされる。
裸子植物で日本特産の常緑高木。日本では最も大きく長寿で高さ30-40m、直径は2mになる。大きなものは高さ50m、幹周15mを超えるものがあり、高さは秋田県能代市にあるものが約59mで最も高く、幹周では新潟県阿賀町のものが約19mで一番太い。上の写真は秋田県能代市にある仁鮒水沢のスギ植物群落保護林内で撮影したもので、ここにはこのような巨木が約2800本も林立している。
主に太平洋側に多く、山地の沢沿いや岩上、湿原周辺などに自生する。林業上の最重要樹種として古くから最も多く植林されていて、日本の植林樹の4割はスギだという。自生なのか植林なのかよく分からないものも多い。神社や寺の境内にもよく植林されており、植林の多さから、花粉症の最大の原因植物となっているのは周知のとおり。
樹冠は3角状円錐形で老木になると先が丸くなり、楕円形となる。樹皮は赤褐色~暗赤褐色で厚く、長く縦に裂け、薄片となって剥がれ落ちる。小枝は無毛で若枝は上向きに出て、のちにやや垂れる。
葉はらせん状に互生し、小型の鎌状に少し湾曲した長さ0.5-.2cmの針形で茎に沿下して茎を包む。断面は菱形。葉は無毛で4面に白色の気孔帯がある。冬に日当たりのよい葉が赤褐色に色を変えることがあるが、春には緑色に戻る。
花は単性で雌雄同株。雄花は前年枝の先に多数つき、淡黄色で長さ5-8mmの楕円形。鱗片状の雄しべが多数あり、基部に葯室がある。花粉は微小で風に乗って遠くに運ばれる。雌花は前年枝の先に1個ずつ下向きにつき、緑色で直径2-3cmの球状。鱗片がらせん状につき、基部に胚珠がある。
果実は長さ2-2.5cmの卵状球形の球果で10-11月頃成熟すると裂開し、褐色になる。20-30個の木質の果鱗があり、それぞれの果鱗に2-5個の種子がつく。種子は長さ5-7mmの長楕円形で黒褐色、縁に狭い翼がある。
材が軽く木目が美しいことから建築材として利用されるほか、庭木や街路樹、盆栽、土木、器具、日本酒の酒樽、舟材、楽器、彫刻、経木など幅広く用いられる。今では鉄筋入りのコンクリートになったが、電柱としても利用された。樹皮は屋根葺きに、古い葉はタブノキの葉や樹皮とともに搗いて粉末にして固め、線香をつくる。造り酒屋では、枝葉を束ねて刈り込んで球状にしたものを軒先につるし、新酒ができた合図とする。
林業的には太平洋側に自生するオモテスギ、日本海側の多雪地に自生する変種アシウスギ(ウラスギ)に分けられる。オモテスギは下枝が枯れ上がるもので、アシウスギは葉の開く角度が狭く、下枝が枯れ上がらず、雪に押されて垂れて地についたところから新株ができる。京都の北山杉はこのアシウスギから選抜育成された品種。そのほか、産地ごとに秋田県の秋田杉、富山県の立山杉、奈良県の吉野杉、宮崎県の飫肥杉などブランドがある。
花期:2-4月
分布:本・四・九(屋久島まで)
撮影:2005.8.28 秋田県二ツ井町
スギの雄花
雄花。 2018.2.27 横浜市栄区

スギの球果
前年の球果。 2018.2.27 横浜市栄区

スギの巨木
大日坊の皇壇杉。 2013.9.22 山形県鶴岡市

カモガヤに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。