スカシタゴボウ

スカシタゴボウ(アブラナ科)[透し田牛蒡]

水田や湿った道端に生え、高さ30-50cmになる2年草。イヌガラシとよく似ているが、スカシタゴボウが根生葉が羽状に切れ込み、果実は長さ5-8mmの楕円形(短角果)であるのに対し、イヌガラシは葉が浅く切れ込み、果実は長さ1.5-2cmの円柱状(長角果)で弓形に曲がることで区別できる。
花期:4-10月
分布:日本全土
撮影:2000.6.4 青森県田子町

イヌガラシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。