スナビキソウ

スナビキソウ(ムラサキ科)[砂引草]

砂の中に地下茎を伸ばして殖えることからこの名がある。別名ハマムラサキという。
海岸の砂地、砂礫地や岩上に生え、高さ20-40cmになる多年草。茎は稜があって密に伏毛が生え、下部は地をはい上部は斜上する。地中に長い地下茎を引いて繁殖する。
葉は密に互生し、長さ3-8cm、幅1-3cmの倒披針形~長楕円状披針形で鈍頭、基部は細くなって無柄で茎につく。厚くて両面に伏毛がある。
茎の先に短い巻散花序を出して香りのよい白い花を咲かる。蕾はらせん状にねじれる。萼は5中裂。花冠は直径約0.7-1cmで通常5裂して平開し、筒部は長さ6-7mm、喉部は緑色を帯びた黄色で付属体はなく、花の盛りが過ぎると縁が赤くなる。花冠外面に伏毛が多い。雄しべは5個で花筒につく。子房は上位で分裂せず、花柱は子房の先につく。
果実は長さ0.8-1cmの4稜形でコルク質の核果で、中に4個の核があり、海水に浮いて散布する。
花期:5-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.7.9 秋田県男鹿市
スナビキソウ-2
花の中心は緑色を帯びた黄色 2011.6.5 秋田県男鹿市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。