スズメノエンドウ

スズメノエンドウ(マメ科)[雀野豌豆]

名は、カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)に似ているが、花や実が小さいので小型のスズメの名をあてたもの。
畑や日当りのよい道端などに普通に生える2年草で、全体に細毛があり、葉の先端にある巻きひげで他の草に絡みついて伸びる。茎は4稜があり長さ30-60cmになる。花は小さく、花色も周りの色に溶け込んでしまうような色なので、注意していないと見過ごして通り過ぎてしまう。
葉は羽状複葉で、小葉は6-8対(12-16個)あり長さ1-1.7cm、幅2-3mmの狭卵形、頂小葉はなく巻きひげとなる。巻きひげは小葉が変化したもので、普通は分岐する。托葉は小さく、蜜腺はない。
葉腋から細く長い花柄を出し、先端に白紫色で長さ3-4mmの蝶形花を総状に3-7個(普通は4個)つける。
果実は長さ0.6-1cmで短毛が生えた楕円形の豆果で、下向きにつき通常2個の種子が入っている。
ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)の豆果は長さ3-5cmあり斜上してつき、種子は5-10個、カスマグサの豆果は長さ1-1.5cmで無毛、種子は通常4個入っている。
花期:4-6月
分布:本・四・九・沖
撮影:2013.5.12 宮城県川崎町

ヤハズエンドウに戻る スズメノヒエに戻る カスマグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。