スズメノカタビラ

スズメノカタビラ(イネ科)[雀の帷子]

人家周辺や畑、道端などいたるところに普通に生える1~2年草。高さ10-30cm、葉は長さ4-10cm、幅2-3mmの線形。世界中に広く分布する。名は、小さい穂をつけた花序をスズメに着せた単衣の着物にたとえたものという。イネ科の植物は分類が難しいが、その中で本種の属するイチゴツナギ属は特に同定が難しい。
花期:3-11月
分布:日本全土
撮影:2003.4.29 青森県八戸市

スズメノヒエに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。