シュロソウ

シュロソウ(シュロソウ科)[棕櫚草]

茎の基部に古くなった葉鞘がシュロ状に残るのでこの名がある。別名オオシュロソウという。この仲間は環境によって形態に変化が多く、同定も難しい。
アオヤギソウの変種で、花の色が暗紫褐色のものをいう。山地の湿った草地や林下に生える多年草で、茎は縮毛が生え高さ0.5-1mになり、名の基になったように、茎の基部に古い葉鞘が腐って残ったシュロ毛状の繊維がある。
葉は茎の下部に集まり、長さ20-30cm、幅6-10cmの長楕円形~卵状長楕円形でしわ状の平行脈があって無毛、下部はしだいに狭くなり、基部は鞘になって茎を包む。葉の先はしだいにとがる。
茎頂に縮毛が密生した円錐花序をつけ、暗紫褐色の花を多数つけて横向きに咲く。花序の大きさや花序の苞の長さなどに変化が多い。花柄は長さ0.4-1cm。花は雄花と両性花があり、直径0.8-1cm、花被片は6個あり、長さ5mmほどの長楕円状倒披針形。雄しべは6個で花被片の半長。子房は上位で花柱は3個で内面に柱頭がある。
果実は長さ約1-1.5cmの楕円形の蒴果で縦に3裂する。
開花前の根茎を干したものを藜蘆(りろ)といい、農業用殺虫剤とする。かつては便所のうじ虫の駆虫や家畜のシラミの駆除にも使用した。
高山型をムラサキタカネアオヤギソウ(タカネシュロソウ)という。
基本種のホソバシュロソウは関東以西に生え、葉の幅が3cm以下と細く、花柄は1-1.7cmと長い。花被は暗褐色で蒴果は2cmほど。
花期:6-8月
分布:北・本
撮影:2003.6.19 青森県八戸市
シュロソウ-2
花序に縮毛が多い。八戸市の海岸で撮影したものだが赤みが強い。
2003.6.19 青森県八戸市

シュロソウ-3
このような暗紫褐色のものが普通。 2017.8.28 横浜市緑区

シュロソウ-4
2017.8.28 横浜市緑区

シュロソウ-5
葉は縦のしわが多い。 2017.8.28 横浜市緑区

アオヤギソウに戻る ムラサキタカネアオヤギソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。