タガラシ

タガラシ(キンポウゲ科)[田辛子・田芥子]

水田に生え、かむと辛いのでこの名がある。また、田んぼではびこってイネを枯らすから「田枯らし」だという説もある。プロトアネモニンを含む有毒植物で、かむと刺激的に辛く、食べると消化器官がただれるので、前説が妥当だろう。
水はけの悪い水田や溝に生え、高さ10-50cmになる2年草。茎は中空で太く、よく分枝し軟毛を散生する。
葉はやや多肉で光沢があり、裏面に軟毛を散生する。根生葉は長い柄があり、幅2.5-7cmの腎形で掌状に3-5中~深裂し、裂片はさらに3-5浅裂し、先は鈍い。茎葉は互生し、3深裂し、上部のものほど柄が短く裂片が細い。雄しべと雌しべは多数。
枝先に黄色の5弁花をつける。花は直径0.6-1cmで、花弁は光沢があり、長さ3.5-4mmの長楕円形。萼片の外面に白色の軟毛がある。
花後に花床が伸びて長さ0.8-1cm、幅3-4mmの楕円形の集合果になる。集合果は痩果の集まったもの。痩果は長さ1-1.2mmでレンズ状に膨らむ。
花期:3-6月
分布:日本全土
撮影:2008.3.23 東京都国立市
タガラシ-2
集合果は縦に長い。 2016.4.20 神奈川県三浦市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。