タカアザミ

タカアザミ(キク科)[高薊]

名は背が高いアザミの意。頭花の枝が長く高く突き上がるからとも。
北方系のアザミで、本来日本にあったものではないといわれる。原野や、堤防・河原など湿り気のある草地に生える大型の2年草で、茎は角張り、クモ毛がある細い枝を多数上に出して高さ1.5-3mになる。
根生葉と下部の葉は開花時には枯れてなくなっており、茎中部の葉は草質で薄く、長さ15-25cmの長楕円形で羽状に5-6深裂する。頂裂片は尾状に長くとがり、側裂片は間が広くあく。上部の葉はしだいに小さくなる。
頭花は淡紫色~紅紫色、直径2.5-3.5cmで、長い柄の先にぶら下がって下向きに咲く。総苞は長さ約2cmの卵球形で総苞片は8列で線形、外片は短く反り返る。筒状花冠は細く長さは1.7-2.2cm。花冠の狭筒部は他部より1.5-2.5倍長い。
花が白いものはシロバナタカアザミという。
花期:8-10月
分布:北・本(長野県以北)
撮影:2005.9.23 青森県八戸市
タカアザミ-2
ドラゴン花火が吹き上がっているのによく似ている。 1999.9.12 青森県八戸市

タカアザミ-3
高さ2mを超えるものも多い。 2001.9.9 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。