タカノツメ

タカノツメ(ウコギ科)[鷹の爪]

名は、冬芽が湾曲してつく様子を鷹の爪に見立てたもの。材が軟らかいので別名イモノキという。
山地の尾根筋の岩場や林内、林縁に生え、高さ4-15mになる雌雄異株の落葉小高木~高木。樹皮は灰白色で刺はなく滑らか。
葉は短枝の先に集まって互生し、3-15cmの長い柄がある3出複葉。ウコギ科で3小葉は珍しい。ときに単葉や2小葉のものも混じる。托葉はない。小葉は質は薄くほぼ無毛、表面は光沢があり裏面脈腋だけに毛叢がある。長さ5-12cm、幅2-5cmの卵状楕円形で縁に先が短芒状になる目立たない鋸歯があり、基部はくさび形で先は鋭くとがる。側小葉は無柄で基部はやや斜形。秋には美しく黄葉する。
短枝の先端に、黄緑色の小花が多数集まった散形花序を総状につける。花柄は長さ72-5cm、小花柄は長さ0.7-1cm。花弁は4個で長さ2.5mmの卵状長楕円形。雄花には花弁よりやや長い雄しべ4個と小さな花柱が1個ある。雌花には雄しべはなく、花柱は2裂する。
果実は直径5-6mmの球形の液果状の核果で9-10月に紫黒色に熟す。中に2-3個の核がある。核は長さ4-5mmの長楕円形。表面は赤褐色で両端は短くとがる。
新芽はほろ苦く、天ぷらや混ぜご飯にするとおいしい。山菜としてはコシアブラほど知られているはずはないが、多分コシアブラと間違っているのだろうがよく採取されている。
コシアブラは似ているが、5小葉。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.6.12 青森市

ミツバウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。