タカサブロウ

タカサブロウ(キク科)[高三郎]

名の由来は古名のタタラビ(多々良比)の転という説があるが不詳。酷似する帰化種と区別して別名モトタカサブロウというが、本種もきわめて古い時代に渡来したものと考えられている。
水田や水路、湖沼の周辺に多い高さ20-60cmになる1年草で変異が多い。茎は赤みを帯びて基部から分枝し、さらに葉腋から対生状に枝を出す。剛毛が生えていてやや白っぽく見える。この写真のものは海岸の潮をかぶる湿った岩場に生えていたもので、横にはって広がり、上部が立ち上がっていた。
葉はキク科では珍しく対生し、長さ3-10cm、幅0.5-2.5cmの披針形で先はとがり鋸歯はやや不明瞭。両面に短い剛毛があって著しくざらつく。
上部の葉腋から長さ2-4.5cmの細い花柄を出して直径約1cmの頭花をつける。頭花は雌性の舌状花と両性の筒状花からなり、ともに稔る。総苞は鐘形、総苞片は2列、草質で毛があり内片が短い。舌状花は白色で幅が狭く、やや2列に並ぶ。筒状花も淡緑色で先は4裂する。花床には剛毛がある。
果実は長さ2.5-3mm、幅1.7mmの痩果。舌状花の痩果は3稜、筒状花のものはやや扁平な4稜形で先は切形、側面中央部にのみこぶ状の隆起があり、縁に幅広の翼があり、初め淡緑色で熟すと褐色になる。冠毛はない。こぼれやすく、水に運ばれて殖える。
全草を乾燥したものを煎じて血尿や血便に用いる。
帰化種のアメリカタカサブロウは、葉の幅が狭く、痩果に翼はない。
花期:7-10月
分布:本・四・九・沖
撮影:2018.9.28 神奈川県三浦市
タカサブロウの頭花
2018.9.28 神奈川県三浦市

タカサブロウの葉
葉の両面に短剛毛が生えてざらつく。 2018.9.28 神奈川県三浦市

果期のタカサブロウ
3角形の萼片がよく目立つ。 2018.9.28 神奈川県三浦市

タカサブロウの果実
未熟な果実。縁に翼があることで、アメリカタカサブロウと見分けられる。 2018.9.28 神奈川県三浦市

アメリカタカサブロウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。