タカトウダイ

タカトウダイ(トウダイグサ科)[高燈台]

名は、丈の高いトウダイグサの意。
丘陵~山地の草地に生える多年草で、高さ0.5-1mになる。地下茎は細長い紡錘形で垂直に下に伸びる。茎は細毛があり、傷をつけると白い有毒の乳液が出る。
葉は無柄で互生し、長さ3-8cm、幅5-1.2cmの長楕円状披針形~長楕円形で縁に細鋸歯がある。葉の両面に短い軟毛が生える。鋸歯や毛の多少は変化が大きく、全くないものもある。秋には紅葉する。
茎の先に5個(ときに3-7個)の葉を輪生し、散形に同数の枝を出す。茎頂に近い茎葉の葉腋から同様の花枝を出す。花序の下の苞葉は3個で長さ0.5-1.2cmの菱状卵形。花序は1個の雌しべからなる雌花1個と1個の雄しべからなる雄花数個からなる杯状花序で花被はない。腺体は頂生する花序では5個、散形枝の花序では4個あり、黄色で広楕円形。子房は無毛で表面に小さないぼ状突起が密生し、果実になっても残る。
果実は直径約2-4mmの球形の蒴果。
長野、山梨県に生えるシナノタイゲキは、葉は薄い膜質で裏面に白色の長い軟毛が生える。伊吹山に生えるイブキタイゲキは、全体に小型で茎が束生し、葉は長さ3-4cm。
花期が異なるので間違いことはないが、よく似たトウダイグサは葉が卵円形で子房にいぼ状突起がなく、平滑。ナツトウダイの腺体は三日月形。
花期:6-8月
分布:本・四・九
撮影:2016.7.27 横浜市戸塚区
タカトウダイ-2
この画像ではよく見えないが、子房にいぼ状突起があるのが特徴。 2017.7.6 横浜市戸塚区

チャボタイゲキに戻る ハクサンタイゲキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。