タマブキ

タマブキ(キク科)[珠蕗]

葉がフキに似て葉腋にむかごをつくるのでこの名がある。山地の林下などに生え、高さ1.5mほどになる多年草。葉は長い柄があり、3角状心形で粗い鋸歯がある。葉腋に直径1cmほどのむかごを多数つける。茎の上部にの狭い円錐花序に多数の頭花をつける。葉の裏に密に白いクモ毛があるのが特徴。
関東以西には、葉の裏のクモ毛が薄いウスゲタマブキが分布する。
花期:9月
分布:北・本(関東以北)
撮影:2010.9.22 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。