タマガヤツリ

タマガヤツリ(カヤツリグサ科)[玉蚊帳吊]

名は花穂が球形になることからついた。
田のあぜ、浅い沼沢地など湿ったところに生える軟らかい1年草で、高さ15-40cmになる。茎は叢生して太く、断面は3稜形。
葉は株元から出て茎より低く、幅3-5mmの線形。
茎の先に花序より著しく長い2-3個の苞葉(総苞片)をつけ、その中心から不同長の短い花序の枝を数本立て、密に小穂が集まった直径0.8-1.5cmの球形の花穂を散形状につける。小穂は初め淡緑色でのちに暗紫褐色を帯び、長さ0.3-1cm、幅1mmの楕円形で10-20個の小花をつける。鱗片は長さ0.5-0.7mmの倒卵円形で全縁、上端が少しへこみ、中肋は淡緑色で縁は暗紫褐色。
果実は長さ約0.6mm、幅0.3mmの狭倒卵形で3稜があり鱗片とほぼ同長、花柱は果体の1/2、柱頭は3個、雄しべは2個。
よく似たヒメクグは、球形の花穂を1個だけつける。
花期:8-10月
分布:日本全土
撮影:2004.8.1 岩手県山形村

ヒメクグに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。