タマスダレ

タマスダレ(ヒガンバナ科)[玉簾・珠簾]

名は、白く美しい花を玉に、葉姿をすだれにたとえたもの。
明治時代初期に渡来した南アメリカ原産の多年草で、属名のゼフィランサスの名で観賞用に栽培されている。しばしば逸出して日当たりのよい道端や空き地などで野生化している。
全草、特に鱗茎にアルカロイドを含む有毒植物。地下に直径2-3cmの鱗茎があり、分球して殖える。
秋から冬にかけて濃緑色の根生葉を直立し、暖地ではそのまま越冬する。葉は長さ30-40cm、幅3-5mmの線形で先は円くやや多肉質。
夏から秋に高さ10-30cmの花茎を1-3個伸ばし、直径4-5cmの白色花を1個上向きに咲かせる。花の下に膜質の総苞がある。朝開いて夕方に閉じ、2-3日の間これを繰り返す。花被片は白色、長楕円形で6個、基部は緑色を帯びる。雄しべは6個で葯は黄色。子房は下位で3室、雌しべの柱頭は3裂する。
果実は長さ1.2-1.5cmの蒴果で、熟すと3裂して黒色の種子を出す。
同属で淡紅色の花をつけるサフランモドキも人家周辺や田のあぜなどに野生化している。
花期:8-10月
分布:帰化植物
撮影:2017.8.21 神奈川県三浦市
タマスダレ-2
花被片、雄しべは6個。花の下に膜質の総苞がある。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。