タニソバ

タニソバ(タデ科)[谷蕎麦]

山野の湿ったところのほか、道端や田のあぜや畑にも生え、高さ10-40cmになる1年草。茎はやや赤みを帯びることが多く、よく枝を分けて横に広がる。葉は卵状3角形で基部は広い翼となって茎を抱き、茎とともに秋には真っ赤に紅葉する。葉腋に多数の小さな花が集まってつく。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.9.5 岩手県松尾村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。