タヌキモ

タヌキモ(タヌキモ科)[狸藻]

名は水中葉の形が狸の尾に似ていることからついたもの。準絶滅危惧(NT)。
池沼や水田の水面に浮遊する多年生の食虫植物。水上には花軸だけが出る。根はなく、茎はひも状で長さ50cm以上になる。
水中葉は長さ3-5cmで密に互生して2-3回羽状に分裂し、各裂片は左右に平面に並び、糸状で基部近くに長さ3-4mmの捕虫嚢がつく。捕虫嚢の口に2本の感覚毛があり、内側に開く弁があって小動物を吸い込んで捕らえ、バクテリアの働きで溶かして吸収する。捕虫嚢は初め緑色だが、小動物を消化した後はそのかすで濃紫色になる。
葉腋から長さ10-25cmの長い花軸を水上に出し、直径1.5cmほどの黄色い唇形花を総状に4-7個つける。花柄に鱗片葉が数個ある。花は下唇が大きく横に広がり、中央の膨れた部分に赤褐色の斑紋があり、距は長さ約6mmで斜め下を向き、ややとがる。萼は長さ3-4mmで2深裂する。花柄は花後に下向きになるが果実はできない。
晩秋には茎や葉は腐ってなくなるが、茎の先端に小さくなった水中葉が密に集まって丸くなり、長さ2cmほどで暗緑色、球状の殖芽をつくって水底に沈んで越冬する。
イヌタヌキモの殖芽は晩夏から見られ、褐色で楕円形、長さ1cmほど。ノタヌキモは殖芽をつくらず、花軸に鱗片葉がない。
花期:7-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.8.20 秋田県大仙市
タヌキモ-2
2010.8.29 青森県三沢市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。