タチシオデ

タチシオデ(サルトリイバラ科)[立牛尾菜]

山野の林縁にまばらに生える雌雄異株の多年草で、若い芽は、秋田ではソデコ、ヒデコなどとよばれ、よく似たシオデとともに第一級の山菜として好まれている。茎は初めは立ち上がるが、のちに上部がつるになって他の草に絡みつく。葉は薄くて光沢がなく、裏面は粉白色を帯びる。シオデは葉がやや厚くて光沢があり、花期が7-8月であることで区別できる。山菜としてはまったく区別する必要はなく、若い芽はどちらもアスパラガスに似てクセがないので、マヨネーズ和えにして食べる。
花期:5-6月
分布:本・四・九
撮影:2003.5.24 青森県田子町
タチシオデの若い果実
タチシオデの若い果実。秋には粉をかぶった黒色になる。
2013.8.11 岩手県八幡平市

シオデに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。