タチツボスミレ

タチツボスミレ(スミレ科)[立坪菫]

名は、茎が立って伸びるツボスミレの意。
もっとも普通にみられるスミレで、人家周辺から道端や山地まで生育環境は広く、しばしば群生する。 万葉集や枕草子の「つぼすみれ」はツボスミレではなく、本種ではないかといわれている。
地下茎は短く、やや木化して横にはう。地上茎のあるスミレ(有茎種)で、茎は数本が株立ちとなって分枝し、花期に高さ5-15cmだが花の後は30cmに伸びる。初めは地上茎が目立たないが、しだいに地上茎が伸びてくる。
葉は長さ2-4cmの心形~扁心形で低い鋸歯があり、先は下方の葉では鈍く、上方の葉では急にとがる。花や葉柄のつけ根に櫛の歯状に深く裂けた広披針形の托葉がある。
花柄は無毛で長さ6-10cm、披針形の小苞葉が上部に1対あり、根生のものと葉腋から出るものがある。花は横向きに咲き、直径1.5-2cmで、普通やや空色を帯びた淡紫色だが変異が多い。萼片は披針形。花弁は5個で長さ1.2-1.5cmでやや幅が狭く、側弁は無毛。唇弁に紫色の筋があり、距は紫色を帯び、長さ5-8mmの円筒形で細い。春の花の直後から秋にかけて茎の上部の葉腋に閉鎖花をつける。
果実は蒴果で、3裂して種子を飛ばす。蒴果は閉鎖花のものより解放花のもののほうが大きい。
白花品をシロバナタチツボスミレ、白花品で距にのみ淡紫色が残るものをオトメスミレという。赤紫色の花をつけるものは、サクラタチツボスミレという。葉脈に沿って赤い斑が入るものをアカフタチツボスミレといい、そう珍しくはない。茎、葉、花柄に白毛があるものをケタチツボスミレといい、青森県で見られるタチツボスミレはほぼ全てがこの品種。
よく似たオオタチツボスミレは、根元からは花茎を出さないことで区別できる。
シチトウスミレは、葉に光沢があり、葉や托葉が大きく、托葉は粗く裂ける。
花期:3-5月
分布:日本全土
撮影:2017.3.30 横浜市緑区
タチツボスミレ-2
2015.4.6 横浜市中区

オオタチツボスミレに戻る ニオイタチツボスミレに戻る オトメスミレに戻る

オオバタチツボスミレに戻る ナガハシスミレに戻る イソスミレに戻る

アカフタチツボスミレに戻る  シロバナタチツボスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。