トゲミノキツネノボタン

トゲミノキツネノボタン(キンポウゲ科)[刺実の狐の牡丹]

名は果実の扁平面に刺状の突起があることからついたもの。
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物。茎は束生して斜上し、高さ10-50cmになる1~2年草。初め大正時代に仙台市で見出されたが、現在は主に西日本に広がっており、農耕地や雑種地に生えている。
茎や葉は無毛または粗い長毛がごくまばらに生える。
根生葉は長い柄があり、長さ幅とも2-9cmの広卵形で3浅~中裂し不揃いの鋸歯がある。葉柄は無毛で基部は鞘状になる。茎葉は互生し根生葉と同形で上部のものほど小さくなる。
茎の上部の葉腋から長さ1-2cmの花柄を出し、直径1.5cmほどの黄色い花を1個つける。花弁状の萼片は長さ5mmほどで椀状に開く。花弁は長さ7mmの倒卵形。蜜腺は点状で基部にあって蜜腺を覆う小さな付属体がある。
果実は長さ5-6mmの扁平な楕円形の痩果で、15-25個が球形の集合果をつくる。痩果の両側面に刺状の突起がある。先は嘴状で太くて長く、ごくわずかに反曲する。
日本では現在のところ、痩果に刺状またはいぼ状突起があるのはトゲミノキツネノボタン、イトキツネノボタン、イボミキンポウゲの3種のみであり、在来のキツネノボタンやケキツネノボタンとは葉が複葉でないことに加え、その点でも区別できる。
花期:2-6月
分布:帰化植物
撮影:2016.4.8 神奈川県三浦市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。